保護猫 猫カフェレビュー

百草園の猫カフェ、にゃん福(にゃんぷく)に行ってきたので、徹底レビューします!

更新日:

百草園(もぐさえん)にある保護猫カフェ、にゃん福(にゃんぷく)に行ってきました。

百草園ってどこだよ…とおもったら、京王線の駅なんですね。

ぼくが行ったときは結構お客さんがいて、ぼく以外はスタッフさんも含めて全員女性でした。

でも男1人でも特に問題はなく、スタッフの方からも親切にしてもらえて、すごく楽しかったです。

ねこたちも人懐っこかったし、良い感じの保護猫カフェでした!

スポンサーリンク




百草園の猫カフェ、にゃん福の口コミ徹底レビュー

にゃん福の場所

京王線の百草駅から徒歩10分ほどのところにあります。

駅からはほぼまっすぐなので、迷うことはないはず。

里親募集と注意事項が書いてあります。

靴下必須、フラッシュNG、大声NGなど、基本的な猫カフェルールという感じ。

そしてこちらは保護者同伴であれば、小学生以下もOKです。

保護ねこ広場、にゃん福の看板。

1時間1000円なので、猫カフェとしては標準的な料金形態となっています。

にゃん福ご入店~!

店内はこんな感じになっています。

お店の広さに対して猫の数が多い感じですが、不思議とケンカになったりはしていません。

お客さんもまったり、猫もまったりという感じ。

お店の壁側には、ケージがあります。

扉が開いたままになってるのもあって、猫が自由に行き来できる仕様みたいですね。

ドリンクは、ワンドリンク無料となっています。

暖かいドリンクから、冷たいドリンクまで。

ぼくは悩みに悩んだ末、チチヤスのミルクコーヒーにしました。

これは…銭湯でお風呂上がりに飲んだ味!

にゃん福の猫たちはおもちゃへの食いつきがハンパない

床に落ちてたおもちゃを使ってみたら、スゴい数の猫たちが反応してくれました。

今写真に写ってるのだけでも3匹います。

いいよいいよー。

食いつきバッチリ。

なんかさらに増えてきました。

おもちゃに飽きたので(ぼくが)撫でるほうに変更。

嫌がられません。

もうちょい猫たちを呼んで猫ハーレムにしたかったので、おもちゃを再び使うことに。

なぜかおもちゃじゃなくてカメラ目線もらってます。

最終的にぼくの周りはこんな感じに。

5匹(プラスぼくの後ろに1匹)が集まってくれました。

みんな背中向けてるけどな…!笑

猫同士が結構仲良さそうなにゃん福

こちらのお店はなんとなくですけど、猫同士の仲が結構良いみたいです。

寝転がってる猫の上に尻尾おいてたり…。

お互いの毛づくろいをしてたり。

別な場所ではぴったりくっついて寝てる猫達もいました。

スポンサーリンク




料金・オプション

30分…600円

1時間…1000円(30分ごとに延長400円)

※中学生以下は半額になります。

※小学生以下は保護者同伴が必須です。

※靴下着用必須です。

にゃん福のポイント

  • 匂いは少しするが気にならない。
  • 猫たちは結構人懐っこい。
  • 常連さんも多い。
  • お客さんは女性が多め。

お店情報

東京都日野市三沢1-11-5

京王線百草園(もぐさえん)駅から徒歩8分ほど。

営業時間:午後1時から午後5時(最終入店時間午後4時30分)

定休日:月曜日、火曜日

お店URL:にゃん福

お店電話番号:(090) 2677 2829

ぼくの猫カフェランキング

いろんな猫カフェに行きまくり、猫カフェマイスター(自称)となったぼくの独断ランキングです。

友達と遊ぶときやデート、もしくは一人でいたいとき、ご家族で猫とたわむれたいときなどに参考にしてください。

→猫カフェランキングを見る。

近隣の猫カフェ







-保護猫, 猫カフェレビュー
-

Copyright© ねことぼく , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.