ねこ図鑑

【性格や特徴など】メインクーンってどんな猫?

投稿日:

メインクーンのデータ

ねこ生徒
おっきいねこにゃ!
ねこ先生
メインクーンは猫の中で最大の大きさに育つと言われてるのよ
ねこ生徒
普通の猫とはぜんぜん違うにゃ…。でもおとなしくて怖そうな感じはしないにゃ
ねこ先生
運動や遊びは大好きだから活発に動くけど、性格はかなり人懐っこくて飼いやすいと言われてるわ
ねこ生徒
なんかじゃがいもの品種でも同じような名前なかったっけにゃ…?
ねこ先生
それはメイクイーン
ねこ先生
ちなみにメイクイーンは煮崩れが少ないので、カレーやシチューに。男爵いもはほくほくしているので、ポテトサラダやコロッケにおすすめよ
ねこ生徒
なるほどにゃ…(なんの話だっけ?)
原産地 北アメリカで自然発生
祖先 不明
体型 ロング&サブスタンシャルタイプ(長くがっしりした大型のボディタイプ。英訳そのまんま)
頭の形 やや縦長、シュッとしていてイケメン。人間だったらハリウッド映画の主人公でいそう。
毛の長さ 長毛種
鳴き声の大きさ 普通
しつけ しやすい
体重(オス) 3~7キロ(さらに大きくなる個体もいる)
体重(メス) 3~6.5キロ
平均寿命 11才から14才前後(人間年齢にすると72才前後)平均の猫寿命よりちょっと短い。
気をつける点 丈夫な猫ですが、心臓の病気には注意。

スポンサーリンク




よく見る毛の色は?

ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリーム。

よく見る毛のパターンは?

単色、タビー、シルバー&ゴールデン、スモーク&シェーデッド、パーティカラー、キャリコ&バイカラー、タビー&ホワイト

よく見る目の色は?

ブルー、ゴールド、グリーン、カッパー、オッドアイ。

身体の特徴は?

顔の特徴

やや縦長のくさび型です。

口元は四角めで力強いキリッとした感じ。

顎がしっかりしていて、全体的にシュッとしたカッコイイ雰囲気です。

毛の特徴

毛の量は多く、世のおじさま方がうらやむほど(たぶん)

ふっさ~とした感じで、撫でるとものすごく気持ちがいいです。

いわゆるシルクのような肌触りという感じ。

毛の長さは身体の部位によって違っていて、頭は短め、だんだんとしっぽにかけて長い毛になっていきます。

おなからへんはとくにもっさもさ。

耳の特徴

耳の付け根が広めで、大きな耳です。

先っぽはとんがっていて、キリッ(ドヤァ)って感じ。

先端には、タフトと呼ばれる飾り毛があります。

房毛(ふさげ)とも呼ばれていて、あると高貴な印象になります。

人間のおじいちゃんでもたまに耳から毛が生えていますが、それは別に高貴さはありません。

足の特徴

長くもなく短くもなく、普通めな足。

筋肉質でがっしりしており、大きなカラダを楽々と支えます。

足の先は大きくて丸まっこい感じ。

ここにも飾り毛がついています。

人間でもおっちゃんの親指とかやたら長い毛が生えてたりしますよね。(イメージさせる意味はないけどおもしろいから…)

胴体の特徴

ボディは長め。

ながーくて、大きいです。

胸元も広くて、太めの骨格を持ち筋肉質というマッチョ体型。

肩と腰が同じくらいの幅で、平らな背中をしています。

しっぽの特徴

しっぽの付け根は幅が広めで、先っぽにいくに従って細くなります。

長さは長めなので、かなり印象的です。

猫の中で一番長い尻尾を持っているのがメインクーンなので、尻尾フェチな方は迷わずメインクーン一択ですね。

毛は長くもふもふしていますが、親しくない状態でしっぽを触ると不機嫌になるのでやめましょう。

目の特徴

いわゆるたまご型な目の形をしています。

すこーしつり目気味なのが乙女心をくすぐります。

たまに目をまんまるにしてるのがかわいいような怖いような。

メインクーンの一般的な性格は?

性格はおだやかで割と従順なので飼いやすい猫と言われています。

ちまたでよく言われている「イケメンは余裕があるから性格もいい説」と同じですね(たぶん違う)

英語では「ジェントル・ジャイアント」とも言われています。

大きいわりに意外とあまえたさんの一面も。

毛が長く優雅なので、高貴なお嬢様といった風格も兼ね備えています。

さいこう!

メインクーンの歴史は?

メインクーンの名前の由来はメイン(アメリカのメイン州)クーン(あらいぐま)です。

つまり、メイン州のあらいぐま…。

遺伝子的には完璧に猫なので、あらいぐまとは関係がありません。

見た目的に、尻尾がアライグマと似てるからお前はメインクーンだ!がはは!って決めたんだと思います、たぶん。

歴史は古く、1600年代からアメリカでネズミ捕りをするワーキングキャットとして大活躍をしていました。

寒い気候にも適応できる長い毛と、ネズミをバッチリ捕まえる狩猟能力などを鍛えまくっているうちに大きな身体を手に入れたと言われています。

1800年代にはキャットショーでベストキャットに選ばれましたが、人気はあまりありませんでした。

しかし1985年に公認され、今では人気の猫種の1つとなっています。

フランス革命の時に、マリー・アントワネットが船で荷物と共に送った猫がメインクーンだと言われています。

ほかにもバイキングなどの船に乗ってきた長毛種の猫とアメリカの短毛種の猫との間に生まれたのがメインクーンだった、などいろんな説や伝説があります。

飼育のポイントは?

わりと丈夫なので、特に病気について過剰に心配することはありません。

通常、猫は1才くらいまでに成長が止まりますが、メインクーンは1才を超えてもすくすく大きくなっていきます。

成長期は朝夕のご飯のほかにもおやつなど充分に栄養をあげましょう。

あげすぎて太っちゃうと、今度は心臓の病気になりやすいのでそこは注意してあげてください。

もともとワーキングキャットなので、運動量は多めです。

広めの部屋、高低差のある家具(キャットタワーなど)を用意してあげると良いです。

一緒にいるときはなるべくおもちゃで遊んであげるとなお良しです。

グルーミングは、朝夕に1回ずつ、ブラッシングとコーミングをしてあげてください。

メインクーンに似ているネコは?

ノルウェージャンフォレストキャットといわれる猫がメインクーンに激似です。

違いは、ノルウェージャンフォレストキャットは耳に飾り毛がないのと、横顔がメインクーンのほうがちょっと丸めの輪郭をしています。







-ねこ図鑑

Copyright© ねことぼく , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.