ねこ図鑑

【性格や特徴など】オシキャットってどんな猫?

投稿日:

オシキャットのデータ

ねこ生徒
スポット模様がワイルドでかっこいいにゃ!
ねこ先生
見た目は野生猫のオセロットに似てるけど、性格はかなりフレンドリーよ
ねこ生徒
ワイルドな見た目なのに人懐っこい性格って、なんかBLでありそうなキャラにゃ…
原産地 アメリカで人為的発生
祖先 アビシニアン、サイアミーズ、アメリカンショートヘアなど
体型 セミフォーリンタイプ(ボディがちょっと長め)
頭の形 丸っこい逆三角形の形
毛の長さ 短毛種
鳴き声の大きさ 小さい
しつけ しやすい
体重(オス) 3.5~6.5キロ
体重(メス) 3~5.5キロ
平均寿命 12才から15才前後(人間年齢にすると78才前後)平均の猫寿命(15才)と同じくらい。
気をつける点 外見と違い、ペット気質が強い猫なので、あまり寂しい思いはさせないようにしましょう。

スポンサーリンク




よく見る毛の色は?

ブラック、ブルー、チョコレート、ライラック、シナモン、フォーンです。

すべての色にシルバーっぽい感じがはいります。

ティッキング(ティックド)と呼ばれる毛で、毛の根元から先端の間までで何度か色が変わっていく特徴があります。

そのため、光をうけると毛の白い部分が反射し、シルバーっぽい見え方になります。

よく見る毛のパターンは?

スポッテッドのみ。

よく見る目の色は?

イエロー、ゴールド、オレンジ、グリーン、カッパー、ヘーゼルがあります。

身体の特徴は?

顔の特徴

小さめの顔で、正面から見ると、逆三角形をしています。

顎は結構がっちりめ。

毛の特徴

ティッキング(ティックド)が入っている毛を持ちます。

そのため光沢があり、サテンのようななめらかな触り心地になっています。

毛の長さはかなり短めです。

耳の特徴

大きめの耳です。

耳にはタフト(飾り毛)がある場合もあります。

頭の端っこ側に耳がついているのが特徴的。

足の特徴

中くらいの長さで、がっしりした筋肉質の足を持っています。

足の先は、卵型でわりと小さめ。

胴体の特徴

結構がっしりとしたボディを持っています。

背中は後ろ側がやや高め。

しっぽの特徴

ボディよりもちょっと長めのしっぽになります。

しっぽ自体はやや細め。

先っぽのほうが色が濃くなっていきます。

目の特徴

大きなアーモンド型の目をしています。

両目の間隔はちょうど目が1つ分くらいあいています。

まるっとしていてかわいい感じ。

オシキャットの一般的な性格は?

野性味あふれる外見と裏腹に、ペット気質な猫です。

人と遊ぶのが好きで、オシキャットの中には犬のように芸を覚えるコもいます。

好奇心も旺盛で、シャワーで遊んだりも。

音には多少敏感なので、あまり大音量で音楽を聞くのはやめておきましょう。

非常に人懐っこく、愛情豊かな猫です。

オシキャットの歴史は?

1964年に、アメリカに住んでいたヴァージニア・デーリーというブリーダーが、偶然作ったのが最初と言われています。

アビシニアンとシャムを交配して、アビシニアン色のポイントをもった猫を作ろうとしていたときに、偶然オシキャットが生まれたそうです。

ちなみにそのとき生まれたオシキャットの名前は「トンガ」。

トンガは新聞などで「珍しいスポット模様の猫」として有名になりました。

そしてデーリーの行った交配をいろんなブリーダーが真似して、オシキャットが品種として開発されたと言われています。

最終的には、アビシニアン、サイアミーズ、シャム、アメリカンショートヘアなどが掛け合わされたということです。

みんなスポット柄大好きだなぁ…。

飼育のポイントは?

好奇心旺盛な猫なので、危険なものはなるべく排除しておきましょう。

運動も大好きなので、おもちゃやキャットタワーなどは良いものを。

寂しがり&甘えたがりなコも多いので、なるべく一緒に遊んであげる時間を多くとるようにしてあげることが大切です。

オシキャットに似ているネコは?

オシキャットはスポット柄ですが、ヒョウ柄の猫としてベンガルがいます。

ベンガルもオシキャット同様、野性味のある外見に反して、性格は人間大好き!って感じです。







-ねこ図鑑

Copyright© ねことぼく , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.