ねこ図鑑

【性格や特徴など】ベンガルってどんな猫?

更新日:

ベンガルのデータ

ねこ生徒
ヒョウみたいな模様でかっこいいにゃ!
ねこ先生
これはスポット模様って言うのよ
ねこ生徒
野生で生きるたくましさ…憧れるにゃ…
ねこ先生
ベンガルは見た目は確かに野性味がスゴいけど、性格は意外とフレンドリーなの
ねこ生徒
ギャップ萌えにゃ!
原産地 アメリカで人為的発生
祖先 アジアンレパード(ヤマネコ)
体型 ロング&サブスタンシャルタイプ(とても大きいねこ)
頭の形 丸っこいくさびがた
毛の長さ 短毛種
鳴き声の大きさ 大きい
しつけ 普通
体重(オス) 3~6キロ
体重(メス) 3~5キロ
平均寿命 14歳前後(人間年齢にすると72才前後)平均の猫寿命(15才)より短め
気をつける点 ヤマネコの血を受け継いでいるので、白血病にはかかりづらいですが、寒さに弱いので温度管理には気をつけましょう

スポンサーリンク




よく見る毛の色は?

ブラック、ホワイト

よく見る毛のパターンは?

タビー

よく見る目の色は?

サファイアブルー、ブルー、アクア、グリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパー

身体の特徴は?

顔の特徴

丸みのある顔立ちで、少し横長。いかにもねこーって感じの顔です。

毛の特徴

触るとその柔らかさに驚くはず。

長さは短めから中くらい。

かなり密度が高く生えています。

耳の特徴

中くらいか少し小さめの大きさの耳がついています。

横から見ると、少し前のめりについているのが特徴的。

先端は少しだけ丸めです。

足の特徴

長すぎもせず、短過ぎもせずバランスの良い足の長さ。

後ろ足のほうが少しだけ長くなっています。

足の先は丸い&大きいです。

指もがっしりとしていて野性味を感じる部分ですね。

胴体の特徴

普通か、少し大きめ。

筋肉がしっかりとついていてマッチョな感じです。

メスよりもオスのほうが一般的にがっしりとした筋肉質なボディをしています。

しっぽの特徴

長さは普通め。

太さも普通で、いかにもねこーって感じのしっぽです。

目の特徴

丸く少しだけつり目。

たまご型、もしくはアーモンド型っぽい形。

ベンガルの一般的な性格は?

見た目は野性味がスゴいですが、性格はいたってイエネコらしいというか、フレンドリーです。

ただし、動きは俊敏そのもの。

アクティブで良く遊びます。

鳴き声も割と大きめで、個体によっては喋りかけてくる(?)ことも多いです。

本当の野生で生きるヤマネコとは違い、ちゃんと人が飼えるような性格なので、その点は安心です。

ベンガルの歴史は?

1963年にアメリカのジーン・S・ミルという人が、アジアンレパード(野生に住むヤマネコ)と黒い猫(イエネコ)との交配に成功させました。

野生種とイエネコの交配という意味では、これが世界初になります。

アジアンレパードというのは、その名の通りアジアに住む5.6キロの猫で、スポット模様が特徴的です。

ベンガルはこのスポット模様を受け継ぎ、イエネコの性格をもった猫として世界で愛されています。

 

飼育のポイントは?

好奇心旺盛で良く遊ぶので、運動がしやすい広めな部屋が必要です。

性格はおだやかなのですが、おだやかだからおとなしいとは限りません。

遊ぶ時はがっつり遊びます。

人にはなつきやすく、いい友だちになってくれるはず。

子猫のときから走り回るのが大好きなので、子猫だからと油断してはいけません。

短毛種なので寒さには少し弱く、室温調整はしっかりとしてあげましょう。

 

ベンガルに似ているネコは?

エジプシャンマウやオシキャットなどもスポット模様があります。







-ねこ図鑑

Copyright© ねことぼく , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.