キャットフードランキング

【8匹が実食!】ジャガー・キャットフードの徹底レビュー!

投稿日:

キャットフードのジャガー

キャットフードを買う時に一番悩むのが、

「うちの猫、この味が好きかな…すぐ飽きないかな?」

ということ。

プレミアムキャットフードを買う時には特に気になりますよね。

と、いうわけで今回はキャットフード、ジャガーを購入して8匹の猫に食べてもらい、好き嫌いがどれくらいわかれるのか検証してみました。

このキャットフードは食材にこだわり抜いて、チキンや鴨肉、サーモンやマスを使ってなんどタンパク質が40%以上!

普通のキャットフードはタンパク質が30%くらいなので、かなり多いです。

猫は肉食なので、動物性タンパク質は好物なはず。

はたして猫たちの評価はどうだったのか…!

さっそくレビューにいきたいと思います。

【8匹が実食!】ジャガー・キャットフードの徹底レビュー!

まずは実際の食べっぷりを動画でチェック!

動画ダイジェスト

ジャガー・キャットフードが気になる猫

これは撮影終わりにパッケージを撮ったときの動画なんですけど、猫がパッケージから離れませんw

ジャガー・キャットフードをお皿にあける

ジャガーをお皿にあけてる時からすでに猫に狙われています。

ジャガー・キャットフードをフライング気味に食べる猫

ぼくのミスで、まだごはんを床におろしてない状態で食べられちゃいました。

ジャガー・キャットフードを食べ始める2匹

あらためて床において、仕切り直し。

ジャガー・キャットフードを食べる1.2匹目の猫たち

最初の2匹は、すぐにごはんに飛びつきました。

いい感じの出だしです。

ジャガー・キャットフードを完食した1.2匹目の猫たち

あっという間に、残さず完食!

そしてまだ食べたそう…ですが、この2匹には別室に移動してもらって次の2匹にうつります。

ジャガー・キャットフードを食べる3.4匹目

3.4匹目の猫たちもやはりガツガツ食べ始めました。

いいですね~。

ジャガー・キャットフードをいい感じに食べる猫たち

さすがプレミアムキャットフード!

ジャガー・キャットフードは少し高い

ちなみにプレミアムと言っても、そんなに高いわけじゃありません。

おやつにチャオちゅーるをあげるほうが実は高くつきます。

安いキャットフードとおやつをあげるくらいなら、いいキャットフードだけをあげたほうが猫の健康には良さそう。

ジャガー・キャットフードを完食した3.4匹目の猫たち

そうこう言ってる間に3.4匹目も食べ終わりました。

はやいです。

ジャガー・キャットフードを食べる5.6匹目の猫たち

5.6匹目にもジャガーは大人気。

猫種や個性を問わず人気です。

うーん、主原料がチキンとお魚(サーモンやマス)ってことで、どちらの好みにも対応できてるってことなのかな…。

ジャガー・キャットフードを完食した5.6匹目の猫たち

いまのところ、ジャガーの人気はすばらしいものがあります。

さてお次の猫はどうでしょう…。

ジャガー・キャットフードを食べる7匹目の猫

7匹目の猫もやはりガンガン食べてくれました。

スゴい。

ジャガー・キャットフードを完食した7匹目の猫

あっさりと食べ終わり、まだまだ物足りない様子。

この前にちゃんと普段のご飯も食べてるのに…!

ジャガー・キャットフードを食べる8匹目の猫

最後の8匹目です。

このコはまだ小さいですが、このキャットフードは全年齢対応なので大丈夫。

ジャガー・キャットフードは子ネコでも食べやすい

アゴが小さい猫でも食べづらそうな感じはありません。

ジャガー・キャットフードは愛してる猫におすすめ

やっぱり愛してる猫には、なるべくいい食材を食べてもらいたいですよね。

そして健康でできるだけ長生きしてほしいです…。

ジャガー・キャットフードを完食する8匹目の猫

ジャガーはいい食材をふんだんに使用したプレミアムキャットフードなので、猫たちの食いつきもバッチリでした。

なかなかにおすすめできるキャットフードだと思います。

【総合評価】ジャガー・キャットフード

ジャガー・キャットフードの総合評価

かなり良いキャットフードだと思います。

食材もヒューマングレードのものでこだわってますし、猫たちの食いつきも良かったです。

なにより、猫によって好き嫌いがわかれづらいのが良い…!

今回は8匹の猫たちに食べてもらいましたが、みんなガツガツと食べてくれました。

一般的な価格の目安

1.5キロで4,280円です。(定期購入でもっと安くなる)

100gあたりの金額は285円。

ただ、栄養価が高いので1日にあげる量は少ないのがちょっと経済的。

たとえば3キロの猫の場合は1日40gで良いので、1日あたり143円ほどの計算になります。

ペットボトル1本分と考えると、全然ありですよね。

【硬さ・大きさ・厚みの実測】

ジャガー・キャットフードの粒

ジャガーの粒はドーナツ型で非常に珍しい形をしています。

この形に食欲増進の効果があるかは…不明です笑

もちろん着色料は不使用なので、見た目は地味!

プレミアムキャットフードで着色料を使ってるのはたぶんないはず…。

ジャガー・キャットフードの長さ測定

粒の長さは11.83mmで、ちょっと長め。

ジャガー・キャットフードの厚み測定

厚みは4.08mmで平均より1mmくらい薄めです。

ジャガー・キャットフードの硬さ測定

粒の硬さは73.5HAでした。

普通のキャットフードは90~100HAくらいが多いので少し柔らかめ。

主原料に骨抜きチキンの生肉やカモの生肉を使ってるので、柔らかくなってるんだと思います。

【カロリーは高い?】

100gあたり383.5キロカロリーとなっています。

やや高めですが、その分、1日の量は少なくてすみますね。

【安全性は高め?】

ジャガーの生産者はクリスチャン・テグナー氏という方で、北欧のペットフード業界で成功した人です。

公式サイトによると、テグナー氏が採算度外視で上質なフードを開発したのがこのジャガーというわけ。

(まぁ採算取れないと会社が成り立たないのでこれは言い過ぎだと思います笑)

人工添加物も使ってないですし、人工の香料も使用していません。

安全性は高めと言えます。

【成分・原材料】

成分 割合
たんぱく質 40%
脂質 20%
粗繊維 3%
灰分 9%

総合栄養食なので、成分に問題はありません。

タンパク質の多さがこのフードの特徴です。

原材料は、骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス、じゃがいも、卵、さつまいも、えんどう豆など、人間にもおなじみの食材ばかり。

キャッチコピーが「手の届く贅沢(Affordable Luxury)」というだけあって、さすがにいい食材を使ってます。

ジャガーのいいところその1:人工添加物がない

ジャガーは人工添加物を使用してません。

たとえば保存料はビタミンEを使用。

調味料は、もともとの素材の味を活かして人工調味料を使ってません。

それなのに猫たちのあの好評っぷりはスゴい…。

そしてもちろん着色料も不使用。

着色料は主に飼い主に向けたアピールでしかありません。

そして香料も人工のものを一切使ってないのに、匂いでも猫たちを魅了していました。

ジャガーのいいところその2:ヒューマングレード

ヒューマングレードというのは、人間が食べる食材と同じグレードということ。

通常のキャットフードは「肉副産物」が使われています。

肉副産物というのは、市場に食用として流通しない肉の部位のことです。

人間が食べれないため非常に安く、キャットフードにもよく使わているんですね。

ジャガーはそういうものを使わずに、新鮮なお肉を使用しています。

ジャガーのいいところその3:食いつきの良さ

8匹に試食してもらった結果、みんながものすごくガツガツ食べるということがわかりました。

もちろん世界中のどの猫にも気に入られるというわけではありませんが、8匹の猫がみんな大好きというのはいい結果だと思います。

好き嫌いが多い猫にも試す価値あり!です。

ごはんをあげる目安

年齢 1日のご飯の量
2ヶ月未満 25~40g
2~3ヶ月 40~50g
3~4ヶ月 50~55g
4~6ヶ月 55~60g
6~10ヶ月 60~80g
10~12ヶ月 80~110g
成猫(~2.5キロ) 30~40g
成猫(2.5~3.5キロ) 40~50g
成猫(3.5~5キロ) 50~55g
成猫(5~6.5キロ) 55~60g
成猫(6.5~8キロ) 65~70g
成猫(8~10キロ) 70~80g

これを2~3回にわけてあげてください。

【まとめ】8匹の猫たちに高評価だったジャガー・キャットフード

ジャガー・キャットフードに興味津々な猫たち

やっぱりプレミアムなキャットフードは価格なりの理由がありますね…。

みんなすごい勢いで食べていました。

食材も厳選されたものを使用していて、食材本来の味を猫たちに楽しんでもらうことができます。

かなりおすすめできるキャットフードだと思うので、ぜひ試してみてください!

Googleadsense用336




キャットフードランキング

食べ比べてわかったキャットフードランキング

-キャットフードレビュー

Copyright© ねことぼく , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.