サブスク

池袋の隣、要町の保護猫カフェ要にゃんこ亭を徹底レビューします!

投稿日:

豊島区池袋にある保護猫喫茶、要にゃんこ亭に行ってきました。

結論から言うと、めちゃめちゃ良い保護猫カフェでした…。

満足極まりない!

なにが良かったかというと、

  • 保護されてきた猫たち、みんな人懐っこい
  • ねこじゃらしで無限に遊びたがる子猫たち
  • 甘えたがりのこもいてかわいい
  • お店の方の接客もステキ
  • 店内は匂い対策もバッチリ

という感じ。

もう完璧に癒やされた感じで堪能することができました。

このご時世、普通の猫カフェでも大変っぽいのに、保護猫カフェはさらに大変だと思います。

ご興味がある方はぜひ行って、少しでも募金してくれると世のため、猫のためになるかも…!

池袋の隣、要町の保護猫カフェ要にゃんこ亭を徹底レビューします!

要にゃんこ亭の動画

保護猫喫茶 要にゃんこ亭の場所

sabusuku

要にゃんこ亭は、池袋から一駅の要町駅から徒歩4分くらいの場所にあります。

池袋から要町駅もそう遠くないので、池袋から歩いてくるのもアリ。

お店は、ご飯屋さんの2階にありました。

入り口はココ。

ブルーの壁がなんとなくオシャレ。

この看板を目印に歩けば、一本道なので迷うことはありません。

要にゃんこ亭に入店~

まずは入り口で消毒&注意事項を聞いてから、メインの猫たちがいる空間に入る流れになります。

猫たちと遊べる空間はこんな感じ。

そんなに広くはないですが、まったりくつろげていい雰囲気でこれはアタリの予感…!

がっつりご飯系を食べたい場合は、こちらのカウンターっぽい席もあります。

今回は頼みませんでしたが、軽食もよりどりみどり。

時間は18時以降限定なので、もし時間があえばその時間帯に行くのもアリです。

…これ書いてたらアヒージョ食べたくなってきました笑

なぜにこんなにメニューがあるのかというと、1階にあるご飯屋さん、スパイス酒場カジャナからお取り寄せができるからみたい。

便利!

ちなみにGoogleの口コミ評価が4.3とかなり高いお店です。

ステーキが食べれる保護猫カフェっておそらくここくらいなんじゃないかな…笑

店内ではWi-Fiもしっかり使えるようになっていました。

ちなみに、フリードリンク制なので緑茶やオレンジジュース、ラムネなどをいくつか飲むことができます。

なぜか選択肢にあると頼みたくなっちゃうラムネ。

駄菓子も食べ放題なので相性バッチリ。

店内には寄付の箱も置いてありました。

ツラい思いをしてる猫たちの助けになるのでゼヒ。

店内には本も少しですが置いてあります。

とはいえ、本を読むヒマがないくらい猫たちがかまってくれるはず…。

ふと上を見上げると、照明もいい感じにシャレオツでした。

部屋の明るさ的には窓があるので、写真撮影は特に問題なかったです。

要にゃんこ亭の猫たち

寝てるところをカメラで撮ってたら、ぼくの気配に気づいて起こしてしまったところ。

ごめんよ…。

でも寝起きの顔もかわいい…。

お客さんがくると、わーって猫たちが寄ってきていました。

この人懐っこさ、ストレスの溜まってなさはいい猫カフェだからこそです。

この無防備な感じで寝てるのがまたかわいい…!

この数十分後には、ぼくとねこじゃらしでめちゃめちゃ元気に遊んでます。

トコトコと寄ってきて、なんとなく撫でてほしそうな顔アピール。

撫でられまちのポーズ。

このコも非常に人懐っこくて、撫でると気持ちよさそうにぐるぐる鳴らしてました。

お店の中にはキャットウォークもあって、人を構うのに疲れた猫たちはここで休むこともできます。

この写真は、カメラを上に突き出して撮ったのでびっくりされたところ。

お休み中すまんな…。

はちゃめちゃに遊んだあとは、子猫たち3匹ともお昼寝の時間になりました。

一緒に遊んでるところは、動画のほうでばっちり撮ってるのでよかったらそちらもぜひご覧ください。

カメラで撮ってたらまた起こしてしまった…。

でも眠気が勝ったみたいで、ぐっすり寝てます。

かわいすぎる…。

オトナ猫ももちろんかわいいけど、子猫はこの無邪気さがたまらんですね。

料金・オプション

料金 料金
平日30分 大人600円 子ども300円
平日1時間 大人1,000円 子ども500円
延長30分 大人500円 子ども250円
フリータイム 3,500円
土日祝30分 大人800円 子ども400円
土日祝1時間 大人1200円 子ども600円
延長30分 大人600円 子ども300円
フリータイム 4,000円
  • フリードリンク、駄菓子食べ放題
  • フリータイムは混雑時に対応できない場合あり
  • 別途貸し切りプランもあり

お店情報

東京都豊島区池袋3‐12‐1 松井ビル2F

有楽町線、副都心線の要町駅から徒歩4分

営業時間:平日14時30分から21時 休日12時~21時

定休日:木曜&第2と第4日月曜

公式サイト:要にゃんこ亭

公式ツイッター:要にゃんこ亭

ぼくとねこからのちょっとしたお願い

ねこ先生

こちらのお店は、”ほご猫カフェ”となっています

ねこ生徒

ほご猫カフェってなんにゃ?

ねこ先生

ほご猫カフェというのは、保健所で処分されそうになった猫やペットショップで売れ残り処分されそうになった猫たちなどを引き取ってほごしている猫カフェのことよ

ねこ先生

どこのほご猫カフェもそうですが、ほとんど利益が出ていない状態で猫のためにがんばって続けている方々ばかりなの

ねこ生徒

大変そうにゃね…なんかお手伝いできるの?

ねこ先生

ほご猫カフェの存続は、お客さんが行ってお金を使うかどうかにかかっているの

だからほご猫カフェに行くだけで応援してることになるのよ

ねこ生徒

ほご猫カフェで楽しく遊ぶだけでいいならすぐに行くにゃ!秒で行くにゃ!

ぼくの猫カフェランキング

いろんな猫カフェに行きまくり、猫カフェマイスター(自称)となったぼくの独断ランキングです。

友達と遊ぶときやデート、もしくは一人でいたいとき、ご家族で猫とたわむれたいときなどに参考にしてください。

→猫カフェランキングを見る。

サブスク

-猫カフェ

Copyright© ねことぼく , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.