猫カフェレビュー

荻窪の猫カフェ、こるねに行ってきたので徹底レビューします!

更新日:

荻窪の猫カフェ、こるねに行ってきました。

のんびりできるこちらのお店で、猫カフェでは初体験の”またたび“を使用してきました!

平日だったためかお客さんも僕一人で、快適に過ごせたので、かなりの穴場かも。

ちなみに2016年で7周年だそうです。

スポンサーリンク




荻窪の猫カフェ、こるねの口コミ徹底レビュー

こるねの場所

荻窪駅の南口から徒歩1分くらいで着きます。

一階はたこ焼き屋さんになっているので、結構わかりやすいはず。

階段を登っていくと、看板を発見!

となりにおしゃれな木のドアがありますが、こちらは別なお店なので間違って入っちゃわないようにしましょう。

3階まで登ると、こるねの入り口があります。

ドアが閉まってますが、ここは思い切って入りましょう。

中に呼び鈴があるので、それで店員さんを呼ぶことができます。

靴を脱いで、注意事項を確認。

ほぼ、ほかの猫カフェと同じような内容でした。

強いて言えば、中学生以下は保護者同伴ならOKみたいです。

家族で来れるのは良いですね。

店内の様子

店内の様子はこんな感じ。

匂いはまったくなく、清潔感があります。

あと漫画もあります。

クッションはありません。

そして猫のおやつもあります!(200円から)

ほかには飲み物もあり、200円で飲めるというリーズナブルさ。

さらにはまたたびもあります!

猫カフェではめずらしいまたたびを使ってみました

なかなかほかの猫カフェではおいていないまたたび。

こちらでは2袋100円で売っています。

あけてみるとこんな感じ。

茶色い粉っぽいのがまたたびです。

さっそく猫たちが寄ってきました。

さすがまたたびパワー。

猫たちの食いつきもいい!

一匹だけじゃなくてまんべんなくあげてくださいとのことだったので、ねこたちみんなにあげに回ります。

意外と猫によってはまったく興味を示さないこもいたり。

またたびも万能ではないんですね…。

結構充実しているマンガ棚

マンガは意外と結構あります。

木曜日のフルットがあるのが通ですね!

ぼくも全巻持っていますが、これは猫マンガの中でNO1です(僕的に)

人生に疲れたときはとなりのギャグマンガ日和もいいかもしれません。

こるねの猫たち

入ったらすぐに猫たちが出迎えてくれます。

みんな毛並みがよく、もっふもふ。

みみがペタンとなっていますが、別にぼくがいじめたわけではありません。

こういう種類なのです。

種類でいうと、スコティッシュフォールドで、名前はパズルくん。

のんびり屋さんみたいです。

そしてその手前にいる猫も激写。

りっぱな髭ですなぁ。

このこはアメリカンショートヘアのロボくん…かな?

そしてスタイリッシュなロシアンブルーのダンガンくん。

人間だったらかなりのイケメンそう。

ぼくに一番懐いてくれたのが、スコティッシュフォールドロングヘアのオリガミくん。

結構甘えてきてくれました。

スポンサーリンク




料金・オプション

30分ごと・・・500円

ドリンク・・・200円

コーヒー、ココア、紅茶、コーラ、牛乳などがあります。

猫のおやつ・・・200円

またたび2袋・・・100円

こるねのポイント

  • お客さんが少なめなのでゆっくりしたいときの穴場。
  • 匂いはほとんどない。
  • マンガはそこそこ充実している。
  • またたびがある。

お店情報

東京都杉並区荻窪5-23-13 コダマビル3階

荻窪駅の南口から徒歩1分ほど。

営業時間:11時から20時

定休日:不定休

お店URL:こるね

お店電話番号:03-3391-7733

ぼくの猫カフェランキング

いろんな猫カフェに行きまくり、猫カフェマイスター(自称)となったぼくの独断ランキングです。

友達と遊ぶときやデート、もしくは一人でいたいとき、ご家族で猫とたわむれたいときなどに参考にしてください。

→猫カフェランキングを見る。

近くの猫カフェ情報







-猫カフェレビュー
-

Copyright© ねことぼく , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.