サブスク

【実食!】金缶 濃厚とろみ まぐろの徹底レビュー!

更新日:

アイシアの金缶シリーズから、濃厚とろみのまぐろを猫のモカちゃんに試食してもらいました!

結論としては

  • まぐろ部分よりゼリー部分のほうが猫には好評だった
  • 普通の金缶のほうが食いつきよかった(好みがわかれそう)
  • 原材料はちゃんとほぼマグロオンリー(でも部位が今回は悪かったのかも)

うぅん、結構好みが分かれる味かな…。

ちなみにこれは一般食なので、使いかたはおやつとしてになります。

それではさっそく動画レビューとともにまるっと全部見ていきましょう!

【実食!】金缶 濃厚とろみ まぐろの徹底レビュー!

まずは実際の食べっぷりを動画でチェック!

動画ダイジェスト

女子のちからだと、缶詰ってタブの形によっては開けづらかったりします。

爪が長めだと割れちゃうかもなので、注意してあけましょう。

だから最近は缶詰タイプよりもパウチタイプが人気なんですね。

 

濃厚とろみというだけあって、かなりもってりとした質感です。

ゼリー状になってる部分が多いですね。

お皿に出してみても、なかなか猫がやってきません。

においが少ないのが原因っぽさそう。

さすがにこれは大丈夫か…!?と思ったら、サイベリアンのモカちゃんが来てくれました。

よかった…!

ただ、あんまりお好みの匂いではないみたい。

くんくんと嗅ぎながら、少しずつ食べていきます。

美味しいドライフードを食べるときとは違って、ガツガツ食べるっていうよりはぺろぺろと舐めてます。

うーん、まぐろの身をほとんど食べてない…!?

食べるペースも遅めで、「まぁいちおうあるから食べてみるか…」という感じがスゴい笑

ちなみに金缶 濃厚とろみは、水分が85%とかなり多めです。

ウェットフードのメリットとして、お水をあんまり飲まないコの水分補給になるというのがあります。

もちろん普通にお水は飲んでほしいところですけどね…飲まないと結石できやすくなっっちゃいますし。

うーん、まぐろの身の部分が残ってしまってます。

食べ方を見ても、「あんまりおいしくないけど出されたしにゃぁ…」って感じ。

猫はほんとにそれぞれ好みが分かれるので、合わないおやつはしっかりメモしておきましょう。

やはり最後まで、ゼリー状の部分のほうが良かったみたいです。

なんだかんだありましたが、とりあえず完食!

【総合評価】金缶 濃厚とろみ まぐろ

sabusuku

ぼくの総合評価はこんな感じ。

栄養のバランスは、一般食なので期待してはいけません。

お値段は、缶詰系おやつとしては一般的です。

ねこからの評判はうーん、イマイチでした。

ゼリー状のところはまぁまぁ食べてくれたんですけどね…。

一般的な価格の目安

1缶あたり、162円から117円ほどで売られています。

70g入ってるので、1回で全部あげちゃうのはちょっと多い感じ。

【カロリーは高い?】

カロリーは一缶で41キロカロリーと低カロリーです。

でも、おやつとしてあげすぎると太っちゃうので注意しましょう。

【安全性は高め?】

原材料はシンプルですし、安全性は高いと思われます。

製造国は日本で、これはキャットフードとしては良くも悪くもないといったところ。

安いドライフードのように「なんの肉かわからない」というミール系より安心できます。

【成分・原材料】

成分 割合
たんぱく質 9.1%以上
脂質 0.2%以上
粗繊維 0.1%以下
灰分 12%以下
水分 85.2%以下

原材料は、魚介類(マグロ等)、たんぱく加水分解物、増粘安定剤(加工でん粉、キサンタンガム)、調味料、キシロースとなっています。

カロリーが少なめなのもおやつとしていいですね。

おやつをあげる目安

1日1缶を目安にあげるよう記載されています。

ただ猫の体重によってはちょっと多い感じもしますが、缶詰はいったん開けてしまうとほとんど日持ちしないので注意しましょう。

【まとめ】まぐろの身よりもゼリー部分が好評だった金缶

なんというか、モカちゃんはテンション低めでした…笑

まぁ、こういうこともあります!

金缶、黒缶シリーズはほかにもレビューしていくので、よかったらぜひそちらもごらんください!

サブスク

-キャットフード

Copyright© ねことぼく , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.