【実食】miawmiaw(ミャウミャウ)まぐろ味レビュー

更新日:

アイシアのミャウミャウまぐろ味を食べてみました。

こちらの商品、なんと北里大学が監修しています。

北里大学…知らんw

どうやら北里大学獣医学部の有原圭三教授とアイシアが共同開発したa-iペプチドというのが入ってるみたいです。

猫の心の健康維持をサポートするペプチド…らしいですが、つまるところ数値的になにかが変わるってわけではなさそう。

タンパク質よりペプチドは消化吸収に優れてるってことくらいのようです。

特徴をまとめると、

  • 北里大学が監修している
  • a-iペプチド配合
  • 毛玉ケアの効果もある(食物繊維(セルロース)が多めと書いているが…?)
  • オリゴ糖が腸内に作用し、うんちの匂いに配慮

という感じです。

それではレビューをしていきましょう!

ミャウミャウ (MiawMiaw) カリカリ小粒タイプミドル まぐろ味 580g×3個
  • ミャウミャウ (MiawMiaw)
  • 価格   ¥ 1,640 プライム
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで確認する

【キャットフード実食】miawmiaw(ミャウミャウ)まぐろ味レビュー

まずは実際の食べっぷりを動画でチェック!

動画ダイジェスト

小粒タイプとあるように、たしかにちょっと小さめの粒が入っています。

お皿に盛り付けたら、すぐに猫たちが寄ってきました。

匂いはいい感じ。

猫たちの食いつきも良いです。

いいですね~。

いろんな猫の興味をひいています。

好みが強いキャットフードだと、特定のコしか来なかったりするのでこれはいい傾向ですね。

どちらももりもり食べてます。

最後まで飽きることなく食べ終わりました。

試食だったので量は少量でしたが、悪くない食べっぷりだったと思います。

【総合評価】miawmiaw(ミャウミャウ)まぐろ味

ぼくの総合評価はこんな感じのチャートになりました。

特筆すべきは、カロリーの低さです。

100gあたり340キロカロリーしかありません。

これは太り気味の猫にいいんじゃないでしょうか…!

ドライキャットフードの中ではトップレベルの低カロリーです。

あとは食物繊維(セルロース)が体内の毛玉の排出をサポートって書いてあるんですけど、肝心の食物繊維の量が書かれていないのはマイナス点です。

オリゴ糖も入ってますが、これも量が書かれていないので効果はどうかな~。

一般的な価格の目安

580gで1,049円でした。

100gあたり181円となります。

なかなか強気な価格設定ですが、北里大学の監修も入ってるしこんなものかな…。

ちょこっとセレブなごはんとなっています。

【硬さ・大きさ・厚みの実測】

粒の形はこんな感じ。

丸とハンドスピナーみたいな形の2種類です。

ハンドスピナー型の長さは9.72mm。

平均が10mmなのでほんの少し小粒です。

…まぁ、ほとんどかわらないけど…w

厚みは3.18mmなので、かなり薄め。

小粒ってアピールしてるだけあります。

丸形のほうは7.85mmとかなり小さいですね。

ここまで小さいと飲み込んじゃったりしないのかな…。

小さい猫だったら食べやすくて良さそうです。

厚みは3.31mm。

やっぱりこちらもかなり薄型で作られていますね。

硬さ測定は、88.5HAとなりました。

ほかのキャットフードと同じくらいの硬さです。

だいたいキャットフードって”やわらか”とかついてない限りはこの硬さになるようです。

【カロリーは高い?】

100gあたり340キロカロリーとかなりの低カロリーです。

ぼくが買ったドライフード(カリカリ)40種類の中ではトップレベルでした。

穀類が主原料なのに不思議なほどカロリーが低いです。

【安全性は高め?】

原産国は日本となっています。

うーん、日本って法律がゆるいからあんまりいい印象はありません。

日本というかアジアはヨーロッパに比べて安全意識が低めと言われています。

原材料はコストが安くなる穀類(とうもろこしやコーングルテンミールなど)が主原料となっています。

ビーフミールも死んだ牛を原料としてる場合があるので、あんまり積極的におすすめはしません。

【成分・原材料】

成分 割合
たんぱく質 30%以上
脂質 10%以上
粗繊維 4%以下
灰分 10%以下
水分 10%以下
マグネシウム含有量 0.1%

やっぱりこれで見ると食物繊維が多いようには見えないんだけどなぁ…。

実際にどれくらい入ってるかも書かれてないので、毛玉ケアを期待して買うのはやめといたほうがいいかも。

食いつきはいいんですけどね。

脂質が少ないのもダイエットしたい猫には良さそうです。

【食いつきの良さ】

原材料からは意外なほど食いつきは良かったです。

匂いとか材料の調整とかがいいのかも。

まぐろ味となっていますが、ビーフミールやチキンレバーパウダーのほうがかつおペプチド、まぐろパウダーよりも多く含まれています。

1日にあげる量の目安

おおよその体重 1日の量の目安
1.5~3.5キロ(1歳まで) 70~130g
2.5~5キロ(1歳まで) 80~130g
2~4キロ 30~45g
4~6キロ 45~60g

子ねこにもあげれるようですが、量がハンパなく多くなります。

うーん、子ねこのときは子ねこ用のごはんをあげたほうがいいかも…。

成猫の場合は普通より少し少なめになっています。

【いいところ】

食いつきが良い

食いつきは非常によかったです。

なぜなのかわからないくらい…w

【気になるところ】

成分の配合がわからない

パッケージの裏面にはオリゴ糖やタウリン、食物繊維が入ってると書かれていますが、実際にどれくらい入ってるのかわかりません。

効果があるほど入ってるか不明なので、あんまり期待しないほうが良さそう。

それなりに効果が期待できるほどいれてたら、量の表記をしますよね。

価格が高い

正直なところ、原材料を見ると価格が高いような気がします。

高級キャットフードならもうちょい生のお魚を使うとか、ミール系を少なくするとか、穀物の量を減らすとかありそうなような…。

大学が監修している分、そちらにコストがかかってるのかも知れません。

【口コミまとめ】

Amazonでの口コミ

猫を5匹飼っており、この商品を愛用していたのですが、パッケージが変わったものを購入して1週間…うちの子たちには合わなかったのか、体調が悪くなり、キャットフードを変えても吐くことが無かった子までよく吐くようになりました。
前のパッケージの分が余っていたので、それに戻すと体調も戻りました。気に入っていたのですが、残念です。

 

ヒマラヤンとノラ産まれの黒猫を飼っています。ヒマラヤンはまぐろ味のカリカリとちゃおちゅーるのまぐろ味のみ食べる、ヘアボールコントロールだと便が柔らかくなりがち...黒猫はちゃおちゅーる始めウエットは一切食べず、香り強めのカリカリが好き。と、全く好みの違う2匹がすごく食べます!小さめの粒で香りは普通ですが、ともかく毎回しっかり食べてくれます。ヒマラヤンは体が小さく食が細いので本当に嬉しいです。黒猫は暑さのせいなのかご飯の味に飽きてたのか、食欲が落ちていたところでしたが、ガツガツと食べてくれます。この2匹が喜んで食べてくれるご飯は初めてなので、繊細味覚の猫ちゃんの好みをよく知って作られているんだろうなと思います。たくさんのご飯を買ってみて、食べてくれなくて処分したこと多数なので本当に嬉しいです。

 

粒が小さいので食べやすいらしく、よく食べます。
パッケージの子猫の写真もとても良いです。

袋に580gが入っていて、袋の中に小分けで個包装されているタイプのものではありません。
湿気たりするのが気になる人はこれが入るサイズの蓋付きケース(キッチン用品の大きいタッパ)を
購入してそれに袋まるごと入れると良いと思います。

【賞味期限はどれくらい?】

2019年8月2日に購入して、2020年9月25日が賞味期限でした。

だいたい1年ちょっとくらいです。

製造からは1年半なので、購入してからおよそ1年くらいになることが多そうですね。

【メインのご飯にするときの注意点】

総合栄養食なので問題はありません。

強いて言えば価格が高いのと、そのわりには原材料が安めなことかな…。

ミャウミャウ (MiawMiaw) カリカリ小粒タイプミドル まぐろ味 580g×3個
  • ミャウミャウ (MiawMiaw)
  • 価格   ¥ 1,640 プライム
  • 販売者 Amazon.co.jp
Amazonで確認する

【まとめ】食いつきは良いキャットフード

猫たちの食いつきは良かったです。

あとは飽きないで食べ続けてくれるかな…という感じ。

パッケージでアピールされている毛玉ケアやa-iペプチド配合、オリゴ糖配合などはあんまり期待しないほうが良いと思います。

なんとなく入ってたほうが良さそうかな~くらいに考えておいたほうがガッカリしないですみそうです。

Googleadsense用336




Googleadsense用336




猫動画

食べ比べてわかったキャットフードランキング

-キャットフードレビュー

Copyright© ねことぼく , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.