Googleadsenseのスマホ用300(投稿記事の上に一括表示)




【実食!】黒缶(総合栄養食) 毎日3Pかつおの徹底レビュー!

更新日:

アイシアの黒缶の3Pパック、毎日かつおをサイベリアのモカちゃんに試食してもらいました。

以前、同じ黒缶の総合栄養食シリーズのしらす入りまぐろとかつおを別な2匹に試食してもらったときはまったく食べませんでした…。

今回はバッチリ食べてくれたんですが、普段食べてるドライフードの価格帯によって好みが分かれる印象でした。

結論としては、

  • パッケージが缶には印刷されてないので、何の缶かわかりづらくなる
  • 1つの缶がやたらとでかい(160g)
  • 3缶で222円とかなりの安さ
  • 総合栄養食なので、これをメインのゴハンにすることもできる

いい点、悪い点をまるっと書いていくので、ぜひ参考にしてみてください~!

【実食!】黒缶(総合栄養食) 毎日3Pかつおの徹底レビュー!

キャットフードの選び方

まずは実際の食べっぷりを動画でチェック!

動画ダイジェスト

今回の黒缶は、3Pセットで安くなってるシリーズです。

コスト削減のためか、缶は無地!

思い切りが良いですね。

そしてウェットタイプの総合栄養食は、カロリーが低い分かなりの量をあげなくてはいけません。

というわけで一つの缶も大きくなり、なんと160gも入っています。

そして1日にあげる量は猫の体重にもよって変わってくるんですが、たとえば5キロだと1.5缶もあげなくてはいけません。

量で言うと、240g!

ドライフードだと50g前後で済むものが、ウェットタイプだと極端に量が多くなってしまいます。

缶詰の中身はこんな感じ。

かなりみっちりとかつおが詰まっていますね。

いままでの感じから、ウェットタイプはかつおが鉄板という法則が強めにでてるので今回も期待…!

一見するとかつおのフレークが入ってる感じ、(シーチキンみたいな感じ)かと思いきや、かなり細かいミンチ状になっていました。

モカちゃんにあげるとさっそくいい感じで食べています!

試食なので量はかなり少なめにしてあります。

本当なら1缶あげるところなのですが、やはり160gはかなり多い…。

結局残りも、普段のドライキャットフードに少しまぜてあげるだけにしました。

やっぱりメインの食事は、ドライフードで食材がちゃんと良いものをつかってるのがイチバンです。

ウェットフードが好きなコでも、量が多すぎると大変ですもんね…。

ドライフードと比べてウェットタイプの良いところは水分が一緒にとれること。

もちろん普通に水も必要ですが、フードから水分が取れるのは水嫌いのコにはメリットになります。

その代わり歯垢もつきやすく、口臭の原因になってしまうことも…。

口臭が気になるコは、この黒缶に限らずウェットフードを控えてあげてみるのも良いと思います。

もしこの黒缶を買おうとしてるのであれば、まずは3Pを1パック買ってみて猫の反応を見てみるのが良いと思います。

それにしても、やっぱりカツオは今回も好評でした。

マグロよりカツオかな…!?

【総合評価】

ぼくの総合評価はこうなりました。

食いつきは良かったんですけど、やっぱり総合栄養食として考えたときに量が多いのがネックです。

素直にドライフードを毎日のごはんにしたほうがいいような…という感じですね。

正直、ウェットタイプのキャットフードはおやつとしてあげるほうがいいと思っています。

そうなると、低カロリーなほうがおやつ向けなので総合栄養食タイプのウェットキャットフードは不向きです。

一般的な価格の目安

ぼくが買ったのは222円でした。

3缶でこの価格はかなり安いです。

黒缶シリーズはウェットタイプキャットフードの中でもかなり安めなほうで、普段食べてるご飯によってはまったく食べてくれません。

そこそこそれなりな食材を使ったドライキャットフード(ロイヤルカナンとかヒルズ、ジャガー以上)を食べてると、黒缶はまったく食べてくれないことがあります…。

良いごはんの味を知ってるコのおやつには、同じアイシアだったら純缶がおすすめです。

カロリーは高い?

カロリーは100gあたり80キロカロリーです。

1缶が160gなので128キロカロリーですね。

総合栄養食なだけあってカロリーはウェットタイプにしては多めです。

安全性は高め?

生産国は韓国になります。

うーん、安い製品に多いかな…。

成分・原材料

成分 割合
たんぱく質 13.9%以上
脂質 0.9%以上
粗繊維 0.1%以下
灰分 3.5%以下
水分 82%以下

原材料は、魚介類(カツオ等)、オリゴ糖、ミネラル類(Ca、P、Fe、Cu、Mn、Zn、I)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)です。

一般食のウェットタイプキャットフードと違って、ビタミンなどの栄養素が追加されているため項目が多くなっていますね。

ごはんをあげる目安

メインのご飯としてあげる場合は、

  • 3キロ・・・1缶(160g)
  • 4キロ・・・1.25缶(200g)
  • 5キロ・・・1.5缶(240g)

が目安となっています。

缶詰は一度開けてしまうと日持ちがしないので、腐ってないかあげる前には必ずチェックするようにしてください。

【まとめ】食いつきは悪くないけど、総合栄養食はやっぱりドライタイプがおすすめ

アイシアの激安缶詰、黒缶の総合栄養食3Pパックシリーズはそこそこ猫には評判良かったです。

ただメインのご飯をウェットタイプにしてしまうと、口臭が気になったり量がとんでもなく多くなるのがネックでもあります。

やっぱりぼくのオススメはドライタイプのキャットフードなので、そこは飼い主の選び方で大きく変わってくるところですね。

Googleadsense用336(投稿記事の下に一括表示)




-キャットフード

Copyright© ねことぼく , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.