キャットフードランキング

キャットフードランキング

【実食!】シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの徹底レビュー!

更新日:

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクション

マースジャパンのシーバDUOシリーズから、魚介とお肉のチーズ味セレクションを試食してもらいました。

チーズ味とありますが、原材料を見るとかなり下の方にチーズパウダーという表記があります。

原則として、原材料は多い順に書かれているはずなので、チーズ成分はあんまり多くなさそう…。

ちょっとした隠し味的な感じですね。

とはいえシーバDUOシリーズ、今まで試した時は猫たちの食いつきが良かったのも事実。

果たして今回も食いつきが良いのか、まるっとレビューしていきます!

ぜひ猫ちゃんのご飯選びの参考にしてみてください~。

【実食!】シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの徹底レビュー!

キャットフードの選び方

まずは実際の食べっぷりを動画でチェック!

動画ダイジェスト

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの中身

シーバDUOシリーズは、袋が小分けされて入っています。

20gずつで12袋、味の種類別に3つづつ入っている感じ。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの中身2

チーズ味ということで、カロリーが高そうな感じですが、実際に結構高め。

とは言っても、シーバDUOシリーズはだいたいどれも100gあたり405キロカロリーとなっています。

どれを選んでも同じカロリーなのは、主原料がほぼ似ているためにカロリーが変わらないのと、調整して405キロカロリーで統一させてるんだと思います。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの小袋

主な原料は、チキンミール、豚副産物、チキンエキスやささみエキス、それにとうもろこしや米、小麦です。

Amazonで書かれている表記とパッケージの表記が違うので注意!

おそらくAmazonのほうはほかのシリーズと間違えてるのかも…?

今回はパッケージに記載されていた原材料を参考にしています。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションをお皿に出す

シーバDUOシリーズは今回で4つめですが、果たして食いつきがまたもや良いのかな…?

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションをさらにお皿に出す

シーバDUOはどれもカリカリの中にクリーム状のものが入っています。

クリームと言っても、とろ~っとしてるわけではなくやわらかいものが入っている感じ。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションのカリカリの断面

言葉だけだとわかりづらいので撮影してみました。

カリカリの中に入ってる白いのが見えると思います。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションは柔らかい食感

二重構造になってるため、普通のカリカリよりはかなり柔らかめな食感。

顎が弱ってる猫にはいいかも。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの贅沢サーモンについて

4種類の味の一つ、贅沢サーモン。

贅沢って書いてありますが、主原料がサーモンってわけではなさそうです。

原料のところにはサーモンミールとだけ書かれているので、新鮮な素材を使ってるのかも不明。

たぶん、語感が良いから贅沢ってつけただけかな…?

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションはカツオエキスも使用されている

そしてかつお味はカツオエキスで味付けされています。

どの味も魚の成分よりチキンミールや豚副産物の割合のほうが多く、実はチキン味的な感じになってるような気がしないでもありません笑

ちなみに豚副産物というのは、人間が食べる食用肉をとったあとに残るものをいいます。

具体的には骨、内蔵、脂、皮、血になります。

もうちょっといいキャットフードになるとヒューマングレードと言って原材料が人間が食べるものと同じレベルになっていきます。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションを食べる猫たち

さっそく猫たちに試食してもらうと…いい感じの食いつきっぷり!

やっぱりシーバDUOの味付けは猫たちに好評です。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションはどの味も食べられてる

どの味もまんべんなく食べられていて、嫌われてる味はなさそうでした。

とはいえこれは猫の好みの問題でもあるので、もしかしたらまったく食べない味もあるかも…。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションはカロリーが高い

人間もカロリーが高いごはんは人気ですが、やはり猫もカロリーが高いものを好むのかもしれません。

猫は肉食なので、さらにタンパク質が高いとより好みにあってる感じもします。

シーバDUOのタンパク質は30%ほどでもうちょいランクが上のジャガーキャットフードは38%ほど。

ついでに原材料の比較もしてみましょう。

ほかのキャットフードとの原材料比較

例として、1日あたりの食費が150円前後の価格帯のプレミアムキャットフード、ジャガーと比べてみます。

ちなみにシーバDUOは100gあたりおよそ161円でした。

主な原材料の比較はこうなっています。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクション ジャガー
肉類(チキンミール、豚副産物、チキンエキス、ささみエキス等) 骨抜きチキン生肉
穀類(とうもろこし、米、小麦等) 鴨(かも)生肉
油脂類 乾燥チキン
酵母 乾燥鴨肉
ビートパルプ 生サーモン
魚介類(サーモンミール、かつおエキス、ずわいがにエキス等) 生マス
野菜類(ほうれん草、グリーンピース、にんじん) じゃがいも
チーズパウダー
ビタミン類 さつまいも

入ってるものが多い順になっています。

価格が違うとこれだけ食材の差がでます。

人間で例えるなら、スナック菓子とレストランの食事くらいの差があるかも。

シーバDUOはお肉成分がミールや副産物、エキスなのに対し、ジャガーのメイン食材は生肉や乾燥肉をしっかりと使っていますね。

毎日のごはんとして考えると、できれば本物のお肉やお魚を主原料にしたもののほうがいいかなぁとぼくは思ったりもします。

栄養価的には、シーバDUOも総合栄養食なので問題ありません。

ジャガー キャットフード

  • キャットフードのジャガー
  • ジャガー・キャットフードを食べる5.6匹目の猫たち
  • ジャガー・キャットフードの総合評価
  • 8匹の猫たちに食べてもらった結果、みんなに大好評で最高の食いつき
  • 動物性タンパク質が非常に多く、猫の本能に訴えかける感じ
  • 主原料はチキン、カモ、サーモン、マス
【動画アリ】詳細レビューを見る公式で安心購入

【総合評価】シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクション

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの総合評価

ぼくの評価はこんな感じ。

やはりねこからの評判は高いキャットフードだと思います。

カロリーが高いのがやっぱり気になる点ではありますね…。

あげる量を気をつけたらいいだけなんですけど、ついついおやつとかもあげちゃっていつの間にかふくよかになってたり…しませんか?笑

一般的な価格の目安

購入した価格は355円でした。

100gあたりの計算だと147円ほど。

安い部類のキャットフードにしてはちょっとお高めです。

個別包装されてる手間もあるし、価格に関しては仕方ないかも…。

【硬さ・大きさ・厚みの実測】

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションのカリカリ

4種類のカリカリを比較してみました。

どれも着色料が入ってるので、色がそれぞれ着色されています。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの長さ測定

一番長そうなカリカリを測ってみました。

長さは13.56mmとかなり長めです。

平均の10mmより3.56mmほど長いですね。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの厚み測定

厚みは6.09mmとこれも平均より1mmほど厚めになっています。

二層構造になってるので、これくらいの厚みは必要というわけですね。

シーバDUO魚介とお肉のチーズ味セレクションの硬さ測定

硬さ測定は、測定する針が簡単にカリカリに刺さるくらいに柔らかいです。

【カロリーは高い?】

100gあたり405キロカロリーです。

ドライなキャットフードの中では、トップレベルのカロリーの高さになります。

太りすぎないように注意しましょう。

【安全性は高め?】

原産国はカナダとなっています。

日本よりもしっかりしてそうな感じで悪くないかな…。

【成分・原材料】

成分 割合
たんぱく質 30%以上
脂質 17%以上
粗繊維 5.0%以下
灰分 10%以下
水分 12%以下
炭水化物の推測値 26%前後

普通の総合栄養食とあまり違いはありません。

必要最低限の栄養はしっかりと入っています。

原材料

肉類(チキンミール、家禽ミール、牛・羊副産物、チキンエキス、ささみエキス等)、穀類(とうもろこし、米、小麦等)、油脂類、酵母、ビートパルプ、野菜類(にんじん、じゃがいも、いんげん)、魚介類(サーモンエキス、かつおエキス、ずわいがにエキス等)、チーズパウダー、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、I、K、Mn、Na、Se、Zn)、アミノ酸類(タウリン)、着色料(カラメル、青2、赤102、黄4)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)

ごはんをあげる目安

年齢 1日の給与量
2キロ 30g
3キロ 40g
4キロ 50g
5キロ 60g
6キロ 70g

>>Amazonで口コミを見る

【まとめ】さすがのシーバDUO。食いつきはいつもどおりよかった

スーパーで売ってるタイプのキャットフードの中では、トップクラスの食いつきの良さです。

カロリーが高いのがちょっと気になるところですが、逆に栄養素が不足してるようなことはありません。

原材料はコストの関係もあって、いいものを使ってるというわけではないです。

お魚味というのも味付けのことであって、原材料に魚が多く含まれているというわけではありません。

ただ、猫たちにとって好きな味付けになっているのはたしかです。

ほかのシーバDUOシリーズのレビュー

シーバDUO香りのまぐろ味セレクション

  • キャットフードのシーバDUO香りのまぐろ味セレクション
  • シーバDUO香りのまぐろ味セレクションの小分けパック
  • シーバDUO香りのまぐろ味セレクションの総合評価
  • まぐろ味だが、まぐろの成分はほぼない
  • 猫たちの食いつきは良い
  • カロリーは高め
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

シーバDUO 贅沢シーフード味セレクション

  • キャットフードのシーバDUO 贅沢シーフード味セレクション
  • シーバDUO 贅沢シーフード味セレクションは外はカリカリで中はクリーミーな構造
  • シーバDUO 贅沢シーフード味セレクションの総合評価
  • シーバDUOならではの食いつきの良さ
  • カロリーはトップレベルの高さ
  • 中を割るとクリーミーで全体的にやわらかい
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

シーバDUO香りのまぐろと味わい鶏ささみ味

  • キャットフードのシーバDUO香りのまぐろと味わい鶏ささみ味
  • シーバDUO香りのまぐろと味わい鶏ささみ味は匂いがいい
  • シーバDUO香りのまぐろと味わい鶏ささみ味の総合評価
  • 二層構造になっていてこだわりがあるが、単価は高い
  • 猫たちの食いつきは良かった
  • カロリーがかなり高い
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

シーバDUO贅沢お魚味グルメセレクション

  • シーバDUO贅沢お魚味グルメセレクション
  • シーバDUO贅沢お魚味グルメセレクションのかつおとたい味は人気がなかった
  • シーバDUO贅沢お魚味グルメセレクションの総合評価
  • シーバDUOにしては食いつきがいまいちなものがあった
  • カロリーはかなり高め
  • 2層構造のカリカリなので、柔らかい

1日の食費にプラス何十円かで買えてしまう本物食材のプレミアムキャットフード

グランツ キャットフード

  • グランツキャットフードを食べたそうにしてる猫
  • グランツ・キャットフードを食べる猫と見てる猫
  • グランツ・キャットフードの総合評価。高得点。
  • なかなかいい食いつきを見せたキャットフード
  • 天然素材だけなのに香りがよく、猫たちがすぐにやってくる
  • 素材の73%がチキンとサーモン
【動画アリ】詳細レビューを見る公式サイトで安心購入

ジャガー キャットフード

  • キャットフードのジャガー
  • ジャガー・キャットフードを食べる5.6匹目の猫たち
  • ジャガー・キャットフードの総合評価
  • 8匹の猫たちに食べてもらった結果、みんなに大好評で最高の食いつき
  • 動物性タンパク質が非常に多く、猫の本能に訴えかける感じ
  • 主原料はチキン、カモ、サーモン、マス
【動画アリ】詳細レビューを見る公式で安心購入

モグニャン キャットフード

  • モグニャン キャットフード
  • モグニャン・キャットフードを食べる猫たち
  • モグニャン・キャットフードの総合評価
  •  
  • 原材料の63%が白身魚
  • 魚の匂いがかなり強く、かつお節系の匂いが好きな猫におすすめ
  • グレインフリー(穀物なし)で消化にも良い
【動画アリ】詳細レビューを見る公式サイトで安心購入

Googleadsense用336




キャットフードランキング

食べ比べてわかったキャットフードランキング

-キャットフード

Copyright© ねことぼく , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.