キャットフードランキング

キャットフード食べ比べ!ニュートロのワイルドレシピとナチュラルチョイス

投稿日:

買いやすいハイエンドキャットフードと言えば、ニュートロ!

猫たちに協力してもらって、4種類のニュートロシリーズを食べてもらいました。

  • ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキー
  • ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキン
  • ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルトダック
  • ニュートロ ワイルドレシピ アダルトサーモン

以上の4種類です。

それぞれ動画で食べてるところも撮影したので、実際の食いつきっぷりをバッチリ見ることができます。

ちなみにそれぞれの価格は、ナチュラルチョイスが一番安くて、穀物フリー、ワイルドレシピの順で高くなっていました。

ニュートロシリーズの最高峰はワイルドレシピって感じですね。

それではさっそくそれぞれのレビューにいってみましょう!

キャットフード食べ比べ!ニュートロのワイルドレシピとナチュラルチョイス

【軽く豆知識】ニュートロを出してる企業マースは、ほかのキャットフードも売ってるのをごご存知でしたか?

マースという会社は、カルカン、アイムス、シーバシリーズも出しています。

その中で高級ラインなのがこのニュートロというわけ。

ニュートロの特徴として、「ミートファースト」「フィッシュファースト」というのがあります。

これは高品質なチキンやサーモンを主原料に使ってるということになります。

ハイエンドなキャットフードの基本となるポイントです。

※安いキャットフードは、穀類にチキンエキスやフィッシュパウダーで味付けしているので、大きな差があります。

ねこ先生
穀類が入ってる場合、少量だったら問題ないけど、量が多いと消化に負担がかかってきます
ねこ生徒
猫は昔から肉食だから、穀類の消化はニガテなんニャね…

多すぎるとお腹こわしたりもしちゃうニャ

ねこ先生
できれば、穀類が入っていないグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選ぶといいわ
ねこ生徒
グレインフリーのキャットフードについてはこっちの記事を読んでみてにゃ!

【裏話】グレインフリーのキャットフードは健康的?デメリットのホントのところ

【総合評価】ニュートロの成分は良いもの?

ニュートロはいわゆるミール(副産物)の量が安いキャットフードよりも少なめです。

よくあるチキンミールなどは、人が食べないような部分、例えば鳥のくちばしや骨、羽根、内蔵などが入っていて、さらに粉末状になっているのでどんな状態だったか(死後どれだけ時間が経っているか)などがわかりません。

それが少ないのは評価できます…が、ほかのハイエンドなキャットフードはミールが入ってないものもあるので、ニュートロもがんばってほしかった…。

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキーの評価

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキーの匂いを嗅ぐ猫

主成分がターキー(七面鳥)で、全粒穀物も入っています。

全粒穀物が入ってる理由は、コストを安くして栄養価もあるからですね。

ほかのハイエンドなキャットフードでは定番のグレインフリー(穀物不使用)にはなっていません。

猫たちの食べっぷりはよく、ガツガツ食べてました。

食べっぷり動画は、詳細レビューにあります!

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキー

  • キャットフードのニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキー
  • ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキーの匂いを嗅ぐ猫
  • ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトターキーの総合評価
  • 主原料がターキー(七面鳥)のプレミアムキャットフード
  • 人工的な着色料や化学合成物は不使用
  • 主原料のターキーがどれだけ入ってるかは不明
総合評価(5点満点) 3.8点
原材料の良さ・こだわり 3.8点
食いつきの良さ 4点
対象年齢 1歳から
主原料 ターキー、チキンミール
その他の原料 粗挽き米、エンドウタンパク、玄米
100gあたりのカロリー 375キロカロリー
100gあたりの価格 226円(購入時)
原産国 米国
 
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキンの評価

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキンを食べまくる猫たち

ターキーも猫たちには高評価でしたが、こちらもかなりいい食べっぷりです。

ちなみにカロリーはターキーよりもチキンのほうが少なめ(若干だけど)なので、ダイエットさせたいコにはこっちがおすすめ。

ただ残念なことにこれもチキンミールが入ってたり穀類が入っています。

ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキン

  • キャットフードのニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキン
  • ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキンを食べまくる猫たち
  • ニュートロ ナチュラルチョイス アダルトチキンの総合評価
  • 同シリーズのターキーよりもヘルシー
  • 主原料はチキン
  • 室内猫に最適
総合評価(5点満点) 4点
原材料の良さ・こだわり 3.5点
食いつきの良さ 3.8点
対象年齢 全年齢
主原料 チキン、チキンミール等
その他の原料 粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、アルファミール等
100gあたりのカロリー 360キロカロリー
100gあたりの価格 226円(購入時)
原産国 米国
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルトダックの評価

ニュートロ ナチュラルチョイスを食べる猫たち

やっと来ました、穀物フリー(グレインフリー)!

食いつきも良くて、穀物フリーなので消化にも良いです。

ただ、やはりこれもチキンミールが入っています。

うーん、それがちょっと気になるところ。

あと個人的に気になったのがこれ。

ニュートロ ナチュラルチョイスのパッケージは開けづらい

開けるときにハサミを使わないと開けれない!

しかもチャックもついてないので、保管するときはなにか密閉容器が必要になります。

これはちょっとめんどくさい…。

気にならない方はならないかもですけど、ずぼらなぼくにはちょっとマイナスポイントでした。

ニュートロ ナチュラルチョイス 穀物フリー アダルトダック

  • キャットフードのニュートロ ナチュラルチョイス
  • ニュートロ ナチュラルチョイスを食べる猫たち
  • ニュートロ ナチュラルチョイスの総合評価
  • ナチュラルシリーズの穀物フリー(グレインフリー)バージョン
  • 主原料はダック(カモやアヒル)と珍しい
  • 袋が開けづらい&保存しづらい
 
総合評価(5点満点) 3.8点
原材料の良さ・こだわり 3.5点
食いつきの良さ 3.8点
対象年齢 1歳から
主原料 ダック、チキンミール等
その他の原料 エンドウタンパク、鶏脂、乾燥ポテト等
100gあたりのカロリー 380キロカロリー
100gあたりの価格 248円(購入時)
原産国 米国
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

ニュートロ ワイルドレシピ アダルトサーモン

ニュートロ・ワイルドレシピ・キャットフードを猫たちが食べようとしているところ

そしてニュートロ最高ラインのワイルドレシピ!

猫たちの評判もかなり良い感じ。

これも実は穀物フリー(グルテンフリー)です。

サーモンをふんだんに使用しているので、高タンパクなのも特徴的。

猫は肉食動物なので、高タンパクなものが体にはあっています。

人間も筋トレするとタンパク質をたくさんとらなきゃいけないのと一緒ですね。

ただ、残念ながらこれにもチキンミールが主原料のサーモンについで多くはいっています。

ニュートロ・ワイルドレシピ

  • ニュートロ・ワイルドレシピを食べようとしてる猫
  • ニュートロ・ワイルドレシピ・キャットフードを猫たちが食べているところ
  • ニュートロ・ワイルドレシピ・キャットフードの総合評価
  • 穀物フリー(グレインフリー)
  • サーモンが主原料
  • タンパク質が40%と多く、肉食の猫に最適
総合評価(5点満点) 3.5点
原材料の良さ・こだわり 3.8点
食いつきの良さ 3.7点
対象年齢 1~6歳
主原料 サーモン
その他の原料 チキンミール、エンドウタンパク、タピオカ等
100gあたりのカロリー 380キロカロリー
100gあたりの価格 277円(大袋で更に安くなる)
原産国 アメリカ
 
【動画アリ】詳細レビューを見るamazonで詳細を見る

同じ価格帯でチキンミールが入ってないキャットフードはないのかな?

これ以上、価格が上がるのは避けたいけど、できればもっといい食材を使ってるキャットフードはないかな…と思い探してみました。

ぼくがキャットフードに求めたのは、

  • 猫たちの食いつきがものすごく良い
  • 食材が安心できるもの
  • 価格がニュートロと同じくらいのもの(100g換算で)

この3つです。

これを見事にクリアしたのが、グランツというキャットフードでした。

まぁやはりというか、国産ではありません。

日本はペット後進国なので、いい食材のキャットフードを探すと海外になっちゃうんですよね…。

グランツはフランス生まれのキャットフードです。

原材料は、

脱水チキン 30%
フレッシュチキン 15%
脱水サーモン 14%
チキンファット(脂) 10%
チキンプロテイン 2%
サーモンオイル 0.8%
さつまいもやじゃがいも、えんどう豆など 28.2%

となっています。

もうぜんぜん違うのがわかりますよね。

一番違うのが、原材料の割合がわかるということ。

ニュートロシリーズもそうですが、普通のキャットフードは主原料がどれくらいの割合で入ってるのかわかりません。

例えば10種類の食材が入ってて、9種類が9.5%だったら残り1種類が14.5%しか入ってないとしても主原料になります。

そういう意味でも、ちゃんと材料の割合を表示してるフードというのは信頼性があるわけです。

どうせならそういった入ってる食材がちゃんとわかるキャットフードのほうがぼくは好きだなぁ…と思います。

家族に食べさせるものですし、何を食べさせてるのかわかってるのって大事ですよね。

グランツ キャットフード

  • グランツキャットフードを食べたそうにしてる猫
  • グランツ・キャットフードを食べる猫と見てる猫
  • グランツ・キャットフードの総合評価。高得点。
  • 現状で最高の食いつきを見せたキャットフード
  • 天然素材だけなのに香りがよく、猫たちがすぐにやってくる
  • 素材の73%がチキンとサーモン
総合評価(5点満点) 4.9点
原材料の良さ・こだわり 4.8点
食いつきの良さ 5点
対象年齢 全年齢
主原料 チキンとサーモン
その他の原料 さつまいも、じゃがいも、サーモンオイル等
100gあたりのカロリー 375g
100gあたりの価格 233円(定期購入で安くなる)
原産国 イギリス
【動画アリ】詳細レビューを見る公式サイトで安心購入

総合評価:ニュートロは普通のキャットフードよりは良いけど…

ニュートロは、主原料はしっかりとお肉やお魚を使っていて良いと思います。

これは安価なほかのキャットフードよりもぜんぜんいいですよね。

ただ、チキンミール(くちばしや内蔵、羽根や骨など)を使っていたりするのが、ハイエンドなキャットフードとしてどうかな…という感じもします。

同じような価格帯であれば、

モグニャン キャットフード

  • モグニャン キャットフード
  • モグニャン・キャットフードを食べる猫たち
  • モグニャン・キャットフードの総合評価
  •  
  • 原材料の63%が白身魚
  • 魚の匂いがかなり強く、かつお節系の匂いが好きな猫におすすめ
  • グレインフリー(穀物なし)で消化にも良い
総合評価(5点満点) 4.2点
原材料の良さ・こだわり 4.5点
食いつきの良さ 4.0点
対象年齢 全年齢
主原料 白身魚
その他の原料 りんご、かぼちゃ、クランベリー、さつまいも等
100gあたりのカロリー 365キロカロリー
100gあたりの価格 264円(定期購入で更に安くなる)
原産国 イギリス
 
【動画アリ】詳細レビューを見る公式サイトで安心購入

ジャガー キャットフード

  • キャットフードのジャガー
  • ジャガー・キャットフードを食べる5.6匹目の猫たち
  • ジャガー・キャットフードの総合評価
  • 8匹の猫たちに食べてもらった結果、みんなに大好評
  • 動物性タンパク質が非常に多く、猫の本能に訴えかける感じ
  • 主原料はチキン、カモ、サーモン、マス
総合評価(5点満点) 4.9点
原材料の良さ・こだわり 4.8点
食いつきの良さ 5点
対象年齢 全年齢
主原料 骨抜きチキン生肉、カモ生肉、乾燥チキン、生サーモン、生マスなど
その他の原料 じゃがいも、卵、さつまいもなど
100gあたりのカロリー 383.5g
100gあたりの価格 285円(定期購入で安くなる)
原産国 イギリス
 
【動画アリ】詳細レビューを見る公式で安心購入

こういったキャットフードのほうが素材はかなりこだわっています。

家族に食べさせるキャットフードに使っている食材はちゃんとわかるものがいい…!という方にはぜひ試して欲しいと思います。

Googleadsense用336




キャットフードランキング

食べ比べてわかったキャットフードランキング

-キャットフード

Copyright© ねことぼく , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.